セラピスト紹介
 
 
スピリチュアルセラピー
ヒプノセラビー
 

 

■ セラピストの紹介

高宮 亜美 (米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト・カウンセラー・レイキマスター)

幼少時より、不思議な体験を多々する。
1988年 潜在意識の学びが始まる。
1990年 回路が開き自分の前世が、意識のある状態でも流れ込んでくるようになる。
2000年 ヒプノセラピー、カウンセリング、レイキを用いてセッションを始める。

※ 現在は、今までのワークと、その方の守護ガイドや、魂のメッセージを聞きながら、
スピリチュアルセラピストとして、その方に合ったセッションを提供している。


物心がついた頃から、いつも私の後ろで自分を守って、導いてくれている存在を感じていました。 そのエネルギーは、とても優しく、愛に満ちた輝きを発していました。。。
潜在意識の勉強を始めてある時、膝のじん帯をのばして、2年間杖をついたり、足を引きずったりの生活をする羽目になったのですが、足の痛みと不自由さに、ある日怒り心頭に来て「いい加減治れ! 明日の朝目覚めた時、治ってなかったら許さ〜ん!」(無茶苦茶言ってます―笑。)と宣言して布団に入りました。 すると意識が眠りに入る前に、頭の中に金色の池が見えました。
私は導かれるように池に入って行くと、その池は、天界の黄金の川につながっていました。。。
川から頭を出し左側を見ると、白い大きな神殿のような建物が建っていました。そして、何とも言えない優しい調べが、何処からか流れており、前を見ると、女神様が、驚いたようにこちらを見ていて、私はまた黄金の川の中に、身体が引き込まれて行くと、輝くような快感が私の全身に流れ込んで来ました。  
 え? と思った瞬間 「 良いのですよ、そのままで。 」 と柔らかな、優しい声が聞こえて来ました。抵抗を止めると、更に水中へと引き込まれて行きました。。。えも言われぬ喜びが、身体中に広がった後、静かに水面へと身体が浮かびました。 私の身体の周りを女神様達が囲み、手に持った笹のようなもので身体や痛めていた膝の上を祓って下さって、私は気持ち良さの中で眠りに入って行きました。 そして次の朝起きると、痛みは完全に無くなっていました。 
「 この力と、みんながつながる事が出来たら、どんなに役立つだろ。。。 」
今から思うと、この出来事が、私のヒーリング世界への目覚めだったのでしょう。 皆さんの愛と光の学びを、共にお手伝いさせて頂けるなら、私にとってもとても幸せなことです。 セッションが終わりかける頃、沢山の方からキラキラ輝いた、エネルギーが流れて来ます。
「 セラピーさせて頂いて、ありがとう。」 という気持ちになる一瞬です。



読んで下さって、どうもありがとうございました。

お会い出来る日を、楽しみにしています。


 
     

大阪市北区中崎西3−3−34 ヴィラシバヤ梅田東8D
TEL: 06−6374−1341
/ 080−5356−1341
info@furijia.com